個々に適した学び舎を選択しよう|整体師になるには国家資格を取得

学費免除のチャンス

女医

看護師や医者になるためには、医療系の学校に通う必要があります。しかし一般的な専門学校や大学に比べると学費がとても高いので金銭的な負担が大きくなってしまう可能性があります。大きな病院では看護師や医者を目指している人に対して病院奨学金を設けていて、病院側が楽譜を負担してくれます。金額は利用する病院によって違いますが、場所によっては返済免除を行っている病院があります。返済免除を設けている病院は一定期間その病院で働くルールを定めていますが、給料などから借りた学費が引かれる心配はないので、ほとんどすべての学費が免除になります。病院奨学金は看護学校で利用できる確率が高く、卒業後の勤務期間は3~5年となっています。学校卒業前には就活で忙しくなりますが、病院奨学金を利用している人はその病院にそのまま就職できるので、卒業後も安定できます。しかし誰でも簡単に病院奨学金を利用できるわけではなく、一定の合格ラインが設けられていて、利用できる人数も病院によって様々です。合格には学力審査が行われるので、高校卒業後に医療学校に進学する人は、高校での学力が審査対象になります。病院奨学金は医療系の学校に進学した後でも利用可能なので、合格するチャンスは沢山あります。年齢制限はなく比較的どなたでも応募することができますが、応募する時には面接などの練習をしておきましょう。病院奨学金制度がある病院はネットを利用して検索できますが、看護学校の事務員さんなどに聞くと教えてくれるでしょう。特に看護学校の場合には提携している病院があるので、合格に有利になるかもしれません。