個々に適した学び舎を選択しよう|整体師になるには国家資格を取得

開業に有利な職種

メンズ

理学療法士の仕事は身体に何らかの障害を抱えている人が、日常生活で必要な身体の基本的な運動能力を回復するためのサポートを行います。リハビリを行なう人の症状によって運動方法や治療内容は違ってきますが、基本的に多くの症状を把握する必要があります。理学療法士は施設や病院、老人ホームなどで勤務していることが多く、起き上がることが困難の人の場合はホームヘルパーとして自宅でのリハビリを行っています。よく理学療法士と作業療法士を間違えてる人がいますが、仕事内容が全く違うので、それぞれの違いを把握する必要があるでしょう。作業療法士は主に食事や入浴、手工芸などを行なう仕事で、身体だけでなく心のリハビリも行っています。そううつ病などの精神障害がある患者も相手にするので、必要な知識が変わってきます。

日本には理学療法士を目指せる学校がとても沢山あります。ほとんどの学校では、理学療法士や作業療法士の両方を目指すことができますが、仕事内容や勉強することは全く違うので、資格取得を目指す時にはしっかりと確認する必要があります。理学療法士を目指す場合には、自分に合うカリキュラムを設けている学校を選ぶようにしましょう。毎年11万人以上が試験を受けるといわれている理学療法士の試験は、とても難易度の高い問題が出題されるため学校選びはとても重要とされています。学校を選ぶ時位は就職率などを気にするのではなく、授業内容や講師の実績などを確認することが大切です。